脳とラムネ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

彼女にあったのは僕がハンバーガーショップでアルバイトをしている時だった。
そのハンバーガーショップでの僕の仕事はミートパティを焼く事だった。肉の焼ける臭いに食べる人は食欲を刺激されるのだろうが、僕はいい加減うんざりして吐き気をもよおしながらひたすらにミートパティーを焼いていた。
そんなある日ふと気がつくと何かレジの方が騒がしい。何だろうと思ったけれど、僕の仕事はミートパティーを焼くことだったのであんまり気にしないでただ仕事をしていつものように仕事の時間が終わって帰って軽く夜ご飯を食べてお風呂に入って寝た。
次の日の朝。僕はいつものように7時に起きてテレビでニュースを見たり見なかったりしながらトーストを一枚食べて、歯を磨き、服を着替え家を出た。玄関を出るとゴミ置き場の所にドアがあることに気がついた。真っ白な木でできているドア。僕はドアって粗大ゴミ扱いで捨てられるのかなと思いながら学校への道を特に急がずに歩いた。
学校はもちろんいつもと同じというわけではないけれど取り立てて書くようなことは何も無かった。帰り道でまだドアがあることに気がついたけれど特に気にせず家に帰りアルバイトの時間まで途中からで全然話のわからないドラマの再放送を眺めながら一息つく。バイトではまたひたすら吐き気を催しながらミートパティーを焼く。
帰るとゴミ捨て場にはまだドアがあった。なんとなくドラえもんのどこでもドアみたいで開けたら何かあるんじゃないかという気がしてきて、回りに人がいないのを確認してからドアノブをひねって引いてみると、鍵がかかってて僕のほうへ倒れそうになる。がっかりやら恥ずかしいやらでそそくさと家の中へ入ってご飯を食べてお風呂に入って寝た。
ドアは次の日の朝もあったけれど学校から帰ったらなくなっていた。
  1. 2008/02/13(水) |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<やさしい気持ち | ホーム | 何からの>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mogaho.blog58.fc2.com/tb.php/107-12968491
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ヘウ

Author:ヘウ
あの"ニコニコ動画"よりも古い老舗サイト!!

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

Template By:LOVE&PEACE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。