脳とラムネ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

世界の果てってどこ

くだらない世の中から離れてかっこよく生きるのです!この腐った世の中とはおさらばなのです!と言うようなことを僕は思っていたはずだったのかもしれなかったのだけれども実際の所はそんなことはあんまり思っていなかったのでした。しかし気がつけば世界の果てにいたのです。だれか帰り方を教えてください。すると僕の前に偉大なるすべてのたぬき神が現れて言ったのです。ここは世界の果てなんかじゃなくてあなたの家ですよと。そうだったのです。僕はくるくる回って目を回してゲーゲー吐きながら緑色って綺麗だなぁと思っていただけだったのでした。本当はそういう話をするつもりじゃなかったんだけど。
スポンサーサイト
  1. 2008/05/29(木) |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マスカットでした。

慈悲深い神様のおかげでどうにか僕は地獄行きで助かったのでした。マスカットでした。
木枯らしが吹かない日曜日、僕はお出かけをすることにしたのでした。もちろんお出かけしたとはとても言えません。なぜならばその時僕は非常に重要な問題を抱えていたのでかなりがんばっていたからです。
さてついた先は小高い山のような川でした。その川は19世紀に多くの自殺者をだしたことではあまり有名ではなく蚊がすごいいることのほうが有名でした。ぼくはその川に飛び込むと岩に頭をぶつけて気を失いました。そして誰も助けてくれず溺れて死にました。同時に重要な問題もそれによって解決されました。ハッピーエンドでした。
  1. 2008/05/12(月) |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

見えない

僕がまだ卵だった頃の話で恐縮なのですが、幽霊を見たんです。グローバル化の昨今、幽霊なんて珍しくもないと皆さんはおっしゃられるかもしれませんけれど、当時幽霊を見るのは大変珍しく、というのもまだ幽霊はダイアルアップでしたし、運よく見れたと思ってもよく見てみたら妖怪だったなんてこともあったりしまして、まぁ最近では妖怪は政府が駆除しているので逆に見る機会がありませんけれど。で、話を戻しますけれど幽霊を見たんです。その日は今でもはっきりと覚えています。核弾頭とサラブレットを合成させる授業のあった日でした。夏のけだるい寒さの中僕は家への帰り道を割れてしまったほかの卵達について考えながら帰っていました。するとどうしたことでしょうなんと気がつくと僕は死んでいたのです。そして幽霊になっていたのでした。もう少しで真理めいたものが得られそうな気がするのだけれどなにもする気が起きない。そんな午後のことでした。
  1. 2008/05/06(火) |
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ヘウ

Author:ヘウ
あの"ニコニコ動画"よりも古い老舗サイト!!

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

Template By:LOVE&PEACE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。